お買い物帰りの方もお気軽に! イオンモール扶桑徒歩3分 幅広の駐車スペースで楽々駐車 駐車場20台完備

愛知県丹羽郡扶桑町大字南山名字仲畑136-1

TEL:0587-92-1678

扶桑/歯科/小児歯科/矯正歯科/歯周病治療/受け口/反対咬合/ムーシールド/あいうべ体操/柿渋

予防歯科

  • 大人の歯周病ケア 柿渋とドクターウォッシュのご案内
  • あいうべ体操 口呼吸を鼻呼吸に戻して元気になろう
  • 子供の歯並びをよくするには トレーナーとムーシールド
  • 糖尿病の治療を受けて見える方・病院での手術を予定されている方

求人案内

ホーム»  予防歯科

虫歯が出来る大きな原因の一つは食生活の乱れ


<画像をクリックしていただくと、拡大表示されます>

私が歯学部を卒業した30数年前、むし歯を防ぐのは「歯磨き」と言われていました。そのため、歯科雑誌には、歯磨きの仕方や歯ブラシの形について様々な意見や実践報告が載っていました。
しかし、どんなに歯磨きを頑張っても虫歯ができてしまう人は、少なくありませんでした。虫歯のなりやすさの原因は人それぞれです。
逆に虫歯ができにくい人は、

  • 食生活のリズムが規則正しい人
  • よく噛んで食べる人
  • 唾がたくさん出る人
  • 歯にフッ化物の応用している人
  • 丁寧にお口のケアをしている人
です。
「歯磨き」は大切ですが、それだけでは虫歯は防げないのです。お腹がすくとコンビニなどで食べ物、飲み物を口にできる時代ですが、この食生活の乱れがむし歯ができる一つの原因です。

 

キシリトールで虫歯予防

キシリトールは、苺などに多く含まれる天然の甘味料です。キシリトールと虫歯予防の関係については、世界中で研究がなされています。キシリトールがむし歯を防ぐ力は次のようなものです。

  • キシリトールは虫歯の原因菌であるミュータンス菌の活動を弱める働きがあります。
  • キシリトールからは歯を溶かす酸を作り出すことができません。さらにキシリトールを口に含むことで唾液がよく出て、口の中を虫歯になりにくい状態にします。
  • キシリトールは水に溶けない歯垢(これは虫歯の原因でもあるのですが)の性質を変え、歯に対する歯垢の粘着力を低下させます。さらに歯の石灰化を促し、微小なむし歯を修復します。

キシリトールを効果的に使用するには、毎食後にキシリトールガムかキシリトールタブレットを5分間口にすることです。とりわけ現代人は食事時の噛む回数が減っていますので、小学生以上であれば、キシリトールガムを噛むことが有効です。

口臭について


<画像をクリックしていただくと、拡大表示されます>

口臭には様々な原因はあるものの、一番の多いのは口の中にいる細菌によって発生するガスが原因です。ですから、口臭を防ぐには、お口全体を正しくケアすること、つまり口腔ケアが大切です。ただ口臭は唾液の分泌量の変化にも大きく左右されるので、一日のなかで口臭の強さが変化します。

その時間とは朝起きた時です。
それは、睡眠中は唾液の量が極めて少なくなるからです。そのため、唾液による口の汚れが洗い流されにくくなり、細菌が繁殖し、その影響で朝の起きがけは口臭が強くなるのです。ですから就寝前には念入りに口腔ケア(歯磨きと舌の表面を優しく磨く)をし、適度な水分補給をすると良いでしょう。また、口呼吸がある方は、お口のストレッチとして就寝前にゆっくりと「あいうべ体操」30回してストレスを発散し、さらに皮膚がかぶれないテープで上唇と下唇を優しく繋ぐ「口テープ」を貼って寝ると良いでしょう。

ただ、お口になかに虫歯があったり、歯茎の病気である歯周病が進んでいる方は、その治療をしないと口臭は改善しないので、一度歯科医師に診てもらうことが大切です。

Page Top